市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

配色3

・調和
 先に書きましたように三要素から構成される色立体で、お互いに近い位置にある色同士は調和しやすいのです。その代表的なものに類似色の配合と言うものがあります。この場合の類似色とは、色相環で近い所にある色ということです。例えば赤に対してはダイダイや赤紫ですし、緑に対しては黄緑や青緑です。これらの色はそれぞれの色彩の性質が似通っていますから並べても違和感無く自然に調和します。
 色相環は大きく分けて、暖色系と寒色系とその両者の間に挟まれる緑系と紫系に分かれます。暖色とか寒色とか言う呼び方は、色相環で反対の位置にある色が対照的な性質を持っていることを端的に表しています。緑系と紫系の関係も同じ程度に対照的な性質を持っています。それらのことは実際にそれらの色群の配色練習をやってみればわかります。
 色相環で離れた位置にある色彩同士でも、無彩色を混ぜて色立体上での距離を近づけてやると調和しやすくなります。そこで、白を混ぜた色同士の「明色系の配色」や黒を混ぜた色同士の「暗色系」の配色、あるいは灰色を混ぜた「濁色系の配色」が考えられます。これらも試みてみてください。無彩色を混ぜて彩度を下げることで調和しやすくなるのです。
 その意味で言えば、調和のオールマイティーは無彩色です。白や黒や灰色はどんな色とも調和します。これらを間に挟むことで、調和しにくい色を調和させてしまうこともできます。

File0259.jpg

スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/05(火) 09:18:28|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/42-99063b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。