市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三要素とは2

彩度
 鮮やかな色と鈍い色の区別もお分かりいただけると思います。
 無彩色は彩度の無い色という意味に取って下さい。ですからこれは彩度ゼロでこれら(黒灰白)を混ぜるとどの色も彩度が下がります。とすれば、最も鮮やかな色はどういう色でしょうか。
 ここで純色という色が登場します。つまり無彩色が含まれていない色ということです。それは赤にも黄色にも青にもあります。一般に絵の具のチューブから出したばかりの色は混じりけが無いから純色と考えられますが、中には茶色や黄土色のように最初から少し黒の混じった色もあり、これらは純色とは言いません。
 純色に同じ明度の灰色を混ぜていくとだんだん彩度が下がって行きます。明度段階と同じように10段階くらいに分けて彩度の尺度とします。無彩色が0で純色が10と言うように。ただしシステムによっては純色の間にも彩度の差を設けているものがあるようです。その場合は赤の純色が最も彩度が高いことになります。

 純色に白を混ぜると明度が高くなりますから「明色」と言います。黒を混ぜた場合は「暗色」です。灰色は明度差の違うものがありますがそれらを純色に混ぜたものを一括して「濁色」と呼びます。そこで桃色とかピンクとかいわれる色は色彩学上では赤の明色と言うことになりますし、空色は青の明色です。そして茶色はだいだい色の暗色です。茶色の絵の具が足りなくなったら、だいだい色の絵の具に黒を少し混ぜれば作れると言うことです。

File0254.jpg

スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/08/29(火) 08:34:08|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/37-95994f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。