市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第3章 色と形

 絵画はから出来上がっています。当たり前の話です。
 具象絵画と違って抽象絵画では、そのも全く作者の自由に任されていて、好きなように好みのをどこにでも塗ることが出来ます。そのとき塗りたいと思ったを描きたいと思うに塗れば良いのです。
 しかし実際はそう簡単にはいきません。
 どのをどのように塗ったらよいのかが、わからない場合の方が多いのです。
 そこでまずについて、手がかりを得るための参考になりそうなことを書いて見ましょう。
スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/08/15(火) 09:20:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/27-8aa4d4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。