市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行動展は17日からです。私は200号一点出品します。19日(金)と22日(月)の午後2時までは会場にいる予定です。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/09(火) 09:12:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

お久ぶりです 今回も200号と大きいサイズですね 表現と大きさは密接だと思いますが Dantukuさんはどのように考えているのですか? 僕はたくさん描くのですがA4以下 僕の世界は小さいほうが表現し易いようです 人間が小さいから?
  1. 2014/09/17(水) 21:57:43 |
  2. URL |
  3. エロアート #-
  4. [ 編集]

作品の大きさ

うっかり気づかずにいてすみませんでした。作品の大きさは内容の価値とは関係ないと思います。抽象絵画には大きさが必要だというようなことが言われておりますが、これはポロックやロスコなどの抽象表現主義以後のことです。クレーやモンドリアンなどは小さな作品でも傑作が多々あります。私の作品が大きいのは一つには出品する公募展の会場の壁面の大きさに対抗するため、一つには手先が不器用で小品制作が苦手なためです。
  1. 2014/11/27(木) 09:37:16 |
  2. URL |
  3. dantuku #drVJvYFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/206-72563b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。