市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

題名

 この一年間に描いた作品に付けた題名は
昨年2月:予感(50号)、罠(50号)
  3月:安全神話(100号)
  5月:そーてーがい(200号) 
  6月:メルトダウン以後(150号) 
  8月:崩れた神話(60号) 
  9月:半減期は?(50号)
  10月:波が来た(80号)
 12月:セシュームの秋(120号)
 目下制作中:プルトニュームの夢(130号) 
 描いているときに最も気になっている事象に関して題名を付けるという私のセオリーに従っている迄だが、いささか偏り過ぎているかなと思いもする。またこんな命名法そのものが良いのかどうかも疑問なのだが、いまのところ他に付けようがない。
スポンサーサイト

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/21(土) 09:40:53|
  2. 美術表現
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/170-6ff4f7b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。