市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今何を

 大震災に原発の崩壊という人災が加わって、被災者の悲惨と忍耐を思いつつ、余震や放射能の不安におびえる日々だが、このようなときに我々はいったい何をどのように描くべきなのか。相も変わらずきれいごとの売り絵に類するような作品なんかを描き続けていて良いのか。ピカソがかつてファシズムの暴虐に対する怒りを「ゲルニカ」という作品に結晶させたように、時代の証人としての作家の目を持って、鋭利に時代を表現すべきではないだろうか。と思いつつ、しかし抽象表現的な作品を描き続けているものとしての私にはただただその時その時の心のままに筆を進めるしかない。そこになにが現れるのかは描いてみなければわからない。頭で(言葉で)いくら考えたところでそれらは色と形に形象化されはしない。画面との対話の繰り返しのなかに自然に表現されてくるものに期待するしかない。そのためにはできるだけ率直にその時その時に対応して描いていくしかないと思う。描きたいものを描きたいように描くしかないということだが、その難しさをあらためて思う。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/04/15(金) 10:28:48|
  2. 美術表現
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

抽象絵画

はじめまして野田と申します。時間を見つけて絵を描いています。抽象画に興味を持っています。描きたいものを描きたいように描くしかないということだがそれが難しい・・とありますが、描きたいものをイメージして描き始めるのでしょうか、あるいは描いているうちに偶然描きたかったものが現れるのでしょうか
すみません教えていただけますか
  1. 2011/06/02(木) 13:46:35 |
  2. URL |
  3. 野田益弘 #-
  4. [ 編集]

イメージ

私の場合、描き始めるにあたってあるイメージはごく漠然とした簡単なものです。何となくこのあたりにこんな色をこんな形で塗ってみたいくらいのところです。それを塗ってみるとそれによって変化した画面に対して、次にどこにどのように塗るかのイメージが生まれてきます。それを繰り返していくうちに全体の」イメージの方も形を成してくるのです。ただしなかなか思うようにはいかなくて、キャンバスとのにらめっこに陥ることもしばしばです。
  1. 2011/06/03(金) 08:48:43 |
  2. URL |
  3. Dan #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございました。絵画とは突き詰めていくと作者にとって納得のいく色や形や線の配置をキャンバス上で作ることといえるのでしょうか。作者が何か目に見える対象物をイメージしての絵画が具象絵画で、目に見える対象物をイメージしないのが抽象絵画となるのでしょうか。
  1. 2011/06/03(金) 17:40:09 |
  2. URL |
  3. 野田益弘 #-
  4. [ 編集]

具象と抽象

実際は私は私の作品を抽象とも思っていません。描いている間いろいろな具体的なイメージを思い浮かべながら描いていますから、具象ではないかなと思います。例えば水の流れや風や雲や青空や宇宙や、樹皮や人の肌や、内臓や筋肉や・・・・。ただ一目でわかるような目とか顔とか家とか花とかいうような形は、イメージの自由な展開をそこで止めてしまう危険があるので避けているので、結果として抽象的な作品になってしまうのです。もう一つ、画面構成への強い欲求が、画面の抽象性を高めるということもあると思います。
  1. 2011/06/04(土) 09:23:39 |
  2. URL |
  3. Dan #-
  4. [ 編集]

具体的イメージについて

具体的なイメージを思い浮かべながら描いている・・・とありますが、それって対象物そのものなのでしょうか、あるいは対象物から受ける感じ、印象、あるいは対象物から何か感じたこととか具体的イメージとはどんなものなのでしょうか。たとえば雲を見てきれいだなと感じたとします、きれいだと感じたその感覚を表現するといったことでしょうか。
  1. 2011/06/08(水) 11:58:44 |
  2. URL |
  3. 野田益弘 #-
  4. [ 編集]

イメージ

ごく漠然としたイメージの場合が多いが、割と具体的な場合もありますね。今回の災害に関する情報から現れるイメージなどはその例でしょう。ただしそれをそのまま描こうとは思いません。先にも書いた通りあくまでも直観的な仕事で、何となく思い浮かぶ色彩と同様な形態を描いていくだけですから、そこに何らかの影響が出るというだけです。
  1. 2011/06/10(金) 08:25:22 |
  2. URL |
  3. Dan #drVJvYFs
  4. [ 編集]

イメージについて

いつもコメントありがとうございます。なんとなく思い浮かぶ色彩や形体をを描いていくうちにイメージが膨らみそれぞれの表題の作品が完成するということでよろしいのでしょうか。わたくしも絵を描いていますが窓から眺めた夕日や雲を見てその時感動した印象がキャンバスに出せればと思いながら描いていますが塗ったり消したりの連続です。この塗ったり消したりする中で自分の印象とぴったりの絵が浮かびあっがてくることを期待しながら、頑張ります。絵を描くということはこのようなことでよろしいのでしょうか。
  1. 2011/06/10(金) 22:56:21 |
  2. URL |
  3. 野田益弘 #-
  4. [ 編集]

描いたり消したり

 つきつめて言えば絵は描きたいものを描きたいように描くしかないもの。自分の感動を伝えるための表現なのだから。しかし描きたいように描けない。それで描いたり消したりの繰り返しになるのだったら、それは仕方がないこと。それを繰り返していくしかない。頑張ってください。
  1. 2011/06/13(月) 08:09:23 |
  2. URL |
  3. Dan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/159-42543fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。