市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年は

 昨年末の二人展は小平のような都心を離れた会場であったにも拘らず、連日多くの方に来ていただいて8日間でほぼ300人の方に見ていただけました。盛会だったといえましょう。この種の発表は一年おきにして来ましたので、今年はありません。
 今年は都美術館の改修工事で行動Tokyo展はなく、私にとっての開幕は3月の汎美展になります。あとは9月の行動展と10月の汎美秋季展。ただし秋季展のほうは会場がまだ決まっていません。
 年が明けて、汎美展のための130号のキャンバスを用意しましたが、なかなか手が出ずにおります。気になるのは汎美と都美術館との確執の行方。どうにも納得の行かないことですからできるだけ粘ってみたいと思っていますが、長期戦になりそうなので私の心身が対応しきれるかどうか。制作にも暗い影を落としそうです。困ったことです。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/08(土) 09:37:42|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/156-c9f4a1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。