市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公募展について

 国立新美術館が出来て、東京都美術館とあわせると毎日毎日10以上の公募展が開催されており、そこにはそれぞれの会場満杯の無数の美術作品が出品され続けています。こんなことはこの国では当たり前に見られていますが、世界的に見ると大変特異な現象のようです。芸術の都パリでも公募展に当たるものはル・サロンとサロン・ドートンヌくらいしかないのです。
 現代美術の推進を進めようとする人たちからは過去のものと言われ、この国の美術界の近代化を妨げている癌のようにみれれている公募展。しかしこの公募展のお陰で、この国が世界的に見ても群を抜いて多くの美術家人口を抱えることが出来ていることは認めるべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/30(火) 09:42:01|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/141-39c17f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。