市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月になった

 5月に描き始めた200号は不満足のまま6月はじめに制作を打ち切った。6月に始めた150号も行き詰っている。毎度のことながら、苦しい時期だ。昨年は4月の沖縄旅行の印象が画面に表れて、200号の方はわりとすっきり明るい感じでまとまってくれた。それでも一旦打ち切ったものを150号の後でもう一度引っ張り出して手を加えて、完成としたのだった。150号もその頃起きた悲惨な事件の印象が、途中からある程度制作の方向付けをしてくれた。
 今年は最初から全く暗中模索で筆をすすめている。確たるよりどころとなるイメージが無く、ただひたすらそのときそのときそのとき良かれと思うように色を選び塗ってきた。たいていは制作のある段階で方向が明らかになってくるのだが、今年は一向にそれが現われない。キャンバスとのにらめっこが続く。これかなと思って筆を執りさえすれば、それでも結構夢中で筆をすすめるのだが、筆をおいてしばらく経ってみると不満が表れる。そこでまたそれに対応して手を加えていく。結果として画面は妙に複雑になりおもっ苦しい雰囲気になってくる。スッキリした作品を描きたいと言う気持ちに逆行して行くばかりだ。
 考えて見れば日常の生活そのものがスッキリしていない。何かしらもやもやした不安や行き詰まり感が私を取り巻いている。経済も政情も外交もモタモタモヤモヤで、環境でも財政でも負債を後へ後へと残すようなことの繰り返し。これでは未来に希望など持てはしない。総選挙が近づいているが、政権交代したところで大して変化は見られそうもない。その上私自身に付いて言えば、着実な老化の進行があり、肉体的に精神的にも年々弱っていくのが目に見える。そして誰にでも確実に来る終着点、無に帰ることへの不安。そんななかではスッキリした作品など生まれるわけが無い、混濁した表現しかできないのではないか、と腹をくくるしかないのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/01(水) 08:50:07|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/131-238b8d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。