市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

佐藤多持さんをご存知ですか

 今西武池袋線の中村橋近くの練馬区立美術館で、佐藤多持展が開かれています(12月14日(日)まで)。抽象表現を日本画家として行った人としては草分け的な存在で、尾瀬ヶ原で出会った水芭蕉の美しさに生命や宇宙の根源への想念を重ね合わせて、水芭蕉曼荼羅を描き続けてきました。明朗快活な方で美術教育者としても多くの後進に影響を与えてきました。この国の抽象絵画の世界において独自の表現世界を確立しており、貴重な存在です。

http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/tenji/2008satou.html
スポンサーサイト
  1. 2008/11/23(日) 09:48:00|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dantuku.blog59.fc2.com/tb.php/123-b07e2121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。