市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出版

「抽象絵画のすすめ」カバー
 昨日拙著「市民のための美術入門2抽象絵画のすすめ」の改訂版が美術年鑑社(03‐3293‐7482)から出版されました。一冊2000円+税です。ただし私にご注文いただければ送料とも2000円でお送りいたします。よろしく。
 このブログを基にして、文章の分かりにくかったところなどを手直ししたものです。もともと抽象絵画を描いてみたい人を対象にした入門書ですが、私の美術観も読んでいただけると思います。
なお同じシリーズの1は「デッサンのすすめ」で既刊です。同3は「油絵のすすめ」ですが、これは新刊になるため目下原稿の推敲中です。今年中には出版できると思います。
スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/06/16(日) 10:37:03|
  2. 絵画入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 200号を描いてきて、だいぶ煮詰まってきました。私自身首をひねりたくなるような奇妙な作品が出来つつあります。しかし、そのつどその時描きたいように描いてきたことには変わりはないのだから、これも私の正直な表現なのだと思います。多様な情報の嵐の中で私の精神面は不安定な状況にあり、今の世の中の何とも不条理な進行に対する重苦しい不安と自分の無力感が私の内面を支配しているはずなのに、異様に明るい色彩の作品が出来つつあります。ただし何か不気味な有機的なイメージでもあります。今のところ一番の関心事から題名を取る方式に従って、仮の題名はアベノミクスとしていますが、それだけではないようです。もっと普遍性のある良い題名は無いかと考えています。
  1. 2013/06/12(水) 07:35:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。