市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出版

 10年前に出版したが出版社の倒産で絶版になっていた拙著「市民のための美術入門1 デッサンのすすめ」の改訂版が間もなく出版されます。出版社は美術年鑑社で定価は2000円。新書版に近い小型の本で表紙の壁紙やイラストも私が作って、デザイナーの手で装丁されてなかなかおしゃれな本に仕上がりました。
 書店配本より早く私の手元には明日来ますので、ご注文いただければ送料込2000円でお送りいたします。御注文方法は私のホームページの掲示板を見てください。
スポンサーサイト

テーマ:美術入門 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/10/19(金) 09:55:51|
  2. 絵画入門
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秋のシーズンが終わって

 目下120号で行き詰っています。焦ってはいけないと思いながら、この調子では来年春の行動と汎美の二つの展覧会に出品作を揃えられそうもないと言う不安に取りつかれています。原発シリーズでこの秋までは割に制作が活発に進みましたが、その興奮も醒めて、停滞期に入ってしまっているようなのです。あるいは老化による下降なのかもしれません。
 その上文章の方も書けなくなっています。市民のための美術入門シリーズの「1、デッサンのすすめ」「2、抽象絵画のすすめ」は絶版になっていた旧著の再版だから何とかなりますが、新刊になる「3、油絵のすすめ」のためにはまだ原稿の必要枚数がが不足しています。前の2冊における「おわりに」のようなまとめの文章を書こうと思っているのですが、もう言うべきことは言いつくしいて、それ以上のことは思いつけないし無理に書いてみても味もそっけもないつまらない文章しか書けないようなのです。これも老化のせいかもしれません。
 さらに汎美の会員便りに毎回書いてきたエッセー「思いつくままに」もあるのですが、これも何を書いてよいやらさっぱり見当が付きません。困ったことです。

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/10/16(火) 09:00:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。