市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個展終わって

 今は後片付けに追われています。
 200人を超す方々に御記帳をいただいておりますから、6日間の個展としては盛会の方だったのでしょう。この期間にいろいろな方々にお会いしお話をする機会があり、どちらかと言うと旧交を温める機会の方が多かったのですが、いろいろ参考になるご意見もうかがうことが出来ました。
 約一年半の間の作品を一堂に陳列してみると言うのは、自分の作品を客観視するにはよい機会で、失敗作かと思っていた作品が良く見えたり、散々つついた作品の弱点が目についたり。お客さんのご感想も加わっていろいろ考えさせられましたが、総じて自分の方向は間違っていないようだとの自信は深めることが出来ました。
 片づけが終わったら早速制作に取り掛かりますが、とりあえずは9月の行動展出品候補作との睨めっこです。個展出品の200号も150号もどちらも今一押し必要に感じていますが、どこを押してよいやらまだわかりません。しばらく眺めることになると思います。
スポンサーサイト

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/07/03(火) 09:38:25|
  2. 美術表現
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。