市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉田敦彦展 ’12

 4年ぶりの個展です。一昨年12月の二人展以後の作品11点を並べます。会場は銀座7丁目のヤマハホールの裏にあるシロタ画廊。
  期間は6月25日(月)から30日(土)までの午前11時から午後7時まで。ただし最終日は5時まで。
  作品の題名は「ソーテーガイ」「セシュームの秋」「波が来た」「プルトニュームの夢」など、3.11関連のものが多いが、ただ制作中に頭に去来した事象からとったからで、実際はただその時描きたい形を描きたいように描いてきただけのことだから、作品は日記のようなものだと思っています。
 会場には午後2時以降居るようにするつもりです。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/06/02(土) 09:05:26|
  2. 美術表現
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。