市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽を描く

 昨夜公民館の絵画クラスで、久しぶりに抽象絵画入門の課題として、音楽を聴きながらなんとなく塗りたくなった色を描きたくなった形に描くという授業を行いました。横長の画面に聞きながら考えずに直感的に絵の具を塗ること、一回5分前後の曲を2回繰り返す間に描くこと、と言うことでした。中高年の市民の集まりでしたが、みな熱心に取り組みました。人それぞれの個性的な表現が生まれましたが、それぞれにその音楽の感覚が表されていて、特に色彩の鮮やかさが目立ちました。みなさんも好きな音楽で試みてみてはいかがですか
スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/02/09(水) 10:34:13|
  2. 絵画入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。