市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの夫婦展

 目下、12日(日)まで、西武新宿線小平駅前のシラヤアートスペースで開催中。
 広くて明るい会場に、私は抽象表現の200号、150号、130号等16点と風景やヌードの油彩デッサン13点、家内は60号以下の日本画20点を並べています。
 家内は私とは全く異なって、身近な題材に基づいた心象風景。夫婦で描いていてこれだけ画風が異なるのも珍しいのではないかと思いますが、どちらも描きたいものを描きたいように描いていて奇麗事を嫌いリアリティの追求を旨としている点は共通しております。
スポンサーサイト

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/08(水) 08:39:52|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。