市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シーズン開幕

 9月に入ってアートシーズンの開幕です。我々の行動展も15日から27日まで六本木(乃木坂)の国立新美術館で開催です。私たち会員は明日の搬入受付から審査などの準備活動に入り、数日間、美術館まで通勤することになります。
 行動展は現在最も抽象傾向の作品の多い公募展です。具象もありますが、ありのままの描写などはなく、構成的あるいは表現的な要素の多い、いわば半抽象的な作品ばかりです。長い伝統の中で培われた作品の水準は高く、絵画部門も彫刻部門も現代日本の抽象芸術の水準を示す会として一見の価値のある展覧会といえましょう。
 私も会員として200号の作品一点を出品いたします。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/09/01(水) 08:52:55|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。