市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

困難

 またまた、キャンバスとのにらめっこが続いています。「そのつど描きたいものを描きたいように描いていくこと」の難しさをつくづくと感じさせられています。こんなときは写生やデッサンが気楽で良いなと思えます。対象というものがあってそれに従って描けば良いのですから。
 描きたいものがつかめない、微かなものでも良いから、何らかの手がかりになるイメージが与えられれば良い。出発点になる一つの色彩、一つのフォルム、それがなかなか現われてくれない。
 以前はこんなときは絵の具をぶちまけたり流したり垂らしたりふき取ったりして、画面に出来る偶然の形を手がかりに仕事を進めたものですが、それらがどうも本当の自分の気持ちとは別な世界に導いてしまう危険性が高いことが分ってきて、近頃はしません。最初から筆で自分の選んだ色彩を描きたい形に塗ることから始めます。
 しばしば他人の作品や自分の過去の作品のイメージの誘惑がありますが、その都度否定します。新たな空間の創造こそと思うからです。そうなると全く手がかりが無いのです。何か自分の内面から溢れてこないことには手が出ません。それを待ってキャンバスとのにらめっこが続きます。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/12(木) 10:05:02|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。