市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二つの展覧会

 行動Tokyo展が2月21日から26日まで、上野の都美術館で、汎美展が3月4日から16日まで六本木(乃木坂)の新美術館でありまして、前者には昨秋制作の120号を2点出品の予定、後者には目下制作中のものも含めて130号を2点出品の予定です。
 ただしこのところスランプと言うべきか、描いても描いてもすっきりと決まらない。まるで泥の中であがいているような感じで、日々の制作が進んでいます。まず、何を描くべきかがさっぱりつかめていない。とにかく描き始めて、あとは気の赴くままにありのままに自然体で行こうと思うのですが、描いても描いても何も画面の中に表れてこないようで、不満が残ります。
 老化が進んでイメージの喚起力も衰え、画面の一々の変化に対する対応も柔軟さを欠いてしまっているのかと思うと、情けなくなります。
 と言うことで二つの展覧会には出品はしますが、自信の無いものになりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/27(火) 09:05:25|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。