市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポロック展、中村正義展

 国立近代美術館では目下ジャクソン・ポロック展を開催中。練馬区美術館では中村正義展が今日から開催。どちらを見ても天才という者はいるものだなと思わされる。
 ポロックは50年代のアクションペインティングの代名詞になったポーリング(撒き散らし)絵画で有名だが、彼は初期の具象の時代からすでに強烈な個性の持ち主であったことがわかる。独特の色彩感覚と空間構成力を示している。ポーリングになってからもその感覚は生きていて、混沌に見えながら見事に緊密な空間を造形している。
 正義は日展時代から強い個性が表れていて、日展を飛び出してからは全く自由自在に才能を発揮し、絶えず変貌を繰り返して行く。ピカソにも引けを取らない激しさだ。
 どちらも天才だと思う。ポロックはアル中になり、44歳で自殺の疑いもある交通事故死を遂げた。正義は結核などの病魔と闘い52歳で癌に倒れた。いずれもあのような鋭い神経の持ち主にとって、生きると言うことがどのようなものであったのかと思わせる生き様だ。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/19(日) 10:04:41|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

150号

 200号は今一煮え切らないままに、一旦お蔵入りにして、150号を描き始めています。例年この時期に200と150を描くのですが、アトリエの天井の高さのせいで200号は横でしか描けないので、150号は縦で描きます。
 今回は描き始め、調子よく進んだと思いましたが今は行き詰っています。また、睨めっこです。原発や震災の問題が頭に常にあるのですが、妙におどろおどろしい表現や、ただ暗くておもっ苦しい絵にはしたくないのです。明快な色彩と構成の中に私の内面の軋轢が表現できないかと思うのですが、そのような考えをそのまま絵に表そうとしても、無理が生じて姑息な表現になるでしょうし、画面との対話に中にもっと自然に、そのような表現ができないものかと思います。このようなときにしか描けない新鮮な空間表現ができないものかと思うのですが、なかなか難しいことです。

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/06/15(水) 10:28:04|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

汎美展11

 今年の汎美展はまた一段と内容が充実した感があります。何の気兼ねもなしに作品を発表できるということが如何に表現を豊かにするかを見てみていただきたいものです。
 私のホームページにも「汎美展の会場風景」を掲載してありますので覗いてみてください。他の公募展には見られない多士済々のバラエティに富んだ会場風景をご覧いただけると思います。
 3月14日まで国立新美術館です開催中です。午前10時から午後6時(金曜は8時)までですが、最終日は3時までですのでお間違いなく。

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/03/11(金) 08:59:21|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は

 昨年末の二人展は小平のような都心を離れた会場であったにも拘らず、連日多くの方に来ていただいて8日間でほぼ300人の方に見ていただけました。盛会だったといえましょう。この種の発表は一年おきにして来ましたので、今年はありません。
 今年は都美術館の改修工事で行動Tokyo展はなく、私にとっての開幕は3月の汎美展になります。あとは9月の行動展と10月の汎美秋季展。ただし秋季展のほうは会場がまだ決まっていません。
 年が明けて、汎美展のための130号のキャンバスを用意しましたが、なかなか手が出ずにおります。気になるのは汎美と都美術館との確執の行方。どうにも納得の行かないことですからできるだけ粘ってみたいと思っていますが、長期戦になりそうなので私の心身が対応しきれるかどうか。制作にも暗い影を落としそうです。困ったことです。
  1. 2011/01/08(土) 09:37:42|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの夫婦展

 目下、12日(日)まで、西武新宿線小平駅前のシラヤアートスペースで開催中。
 広くて明るい会場に、私は抽象表現の200号、150号、130号等16点と風景やヌードの油彩デッサン13点、家内は60号以下の日本画20点を並べています。
 家内は私とは全く異なって、身近な題材に基づいた心象風景。夫婦で描いていてこれだけ画風が異なるのも珍しいのではないかと思いますが、どちらも描きたいものを描きたいように描いていて奇麗事を嫌いリアリティの追求を旨としている点は共通しております。

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/08(水) 08:39:52|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。