市民のための美術入門3、抽象絵画のすすめ

描いてみたい人のための抽象絵画の考え方や描き方や入り方などについて、できるだけわかりやすい言葉で書いていきたい。姉妹編「1、油絵のすすめ」「2、デッサンのすすめ」とで「絵画とは何か」にも行き着きたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒と言う色

 秋のシーズンが始まって、上野と六本木の二つの美術館では公募展が始まっている。私の属している会でも出品作の審査が終わった。気になったのは昨年にも増して黒い作品が多かったように思われること。現今の社会情勢の先の見えなさや、若い人に夢の持てない時代であることなどが黒い色を増やしているのかもしれないが、黒や灰色の無彩色が幅を利かせて色彩の喜びを感じさせる作品が影を潜めてしまっていることはさびしい。
 黒と言う色そのものは色としても美しいし、有彩色以上にニュアンスの美しさを発揮できる色であるには違いないが、これを安易に使うと作品全体がどす黒く鈍くなり汚れた感じを生む。なにしろ黒などの無彩色はどのような色にも調和すると言うありがたい色であるために、これに依存してしまう傾向を生みがちだ。それでついつい画面全体の色に黒を混ぜて広げてしまう。一見まとまりがよくて深みや明快さも出るように見えるから、それでよしとするのである。
 日本の過去の作家たちでもこの呪縛から逃れている方は少なく、国際的な展覧会などで他国の作家と比べれば色彩の単調さや鈍さが歴然とする場合が多い。そこで私は黒を使い慣れてしまっている方々に暫く、数年の間パレットから黒を除去する経験をしてみて欲しいと思う。黒が無くても黒っぽい色は作れるし、黒の代わりに青を使うなど印象派辺りの絵の具の使い方を参考にすれば良いのである。それよりなにより黒を使わなければ多様な色彩の世界が広がるはずで、その中で苦労を積めばこの国の絵画の色彩的な貧困さを脱却した作品が作れるようになるはずである。
 ついでに言えば審査があり、会場に展示される作品が一点だけに絞られると言う公募展では、色彩の調和よりもどぎつさや目立ちたがる傾向が優先してしまい、その点でも色彩的なこの国の画界の貧しさを助成していると感じる。色彩はまず調和であり、感情表現の具としてももっと大切に扱うべきものであろう。画家である以上、多様な色彩をもっと自由に美しく使うべきである。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/09(水) 08:17:39|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配色練習9

 配色の奥の手の一つにグラデーションという技法があります。これを用いると、使う色の数を相当数に増やしても調和が取れた美しい配色になるのです。
だんだん変化とでも言いましょうか、つまり赤と緑ではどぎついコントラストの配色ですが、その2色の間にだいだい、黄だいだい、黄色、黄緑を色相環の順に並べてはさむと、美しい調和のグラデーション配色になるのです。これは色相のグラデーションで、虹のような美しさが現れるのですが、明度のグラデーションや彩度のグラデーションもあります。いろいろなもののデザインに応用されていますから家の中や街角などでも探してみてください。
 また無彩色という色は便利な色でどんな色とでも調和しますし、相手の色の彩度を高めてくれます。例えば、どうもしっくり調和してくれない2色があるとしたら、その間に無彩色をはさめば良いのです。黒い輪郭線をはっきり描いた塗り絵や漫画などが、どんな配色でもきれいに見えるのはこのためです。そう言えば黒や白やグレーの服には、どんなに鮮やかな色のネクタイや装身具でも安心して使えますね。ということで大変便利な無彩色ですが、これにばかり頼っていては、本当の意味での色彩感覚は育ちません。日本の公募団体展などでは黒や灰色に頼っている作品が多く展示されている場合が多く、西欧の美術展などに比べて色感の貧しさを感じさせます。いろいろな色を、美しく豊かな表現力を持たせて使って行きたいものです。
【“配色練習9”の続きを読む】

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/19(木) 10:29:50|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配色練習8

例題10 色の条件=コントラストの強い配色
    構成の条件=バランスを強調する構成
 できるだけ性質の異なった色の配色ということで、明度差や彩度差や色相差の大きい、ということは、色立体で離れた色同士の配色と言うことになります。三色の場合なら三原色とかアンチ三原色(だいだい、みどり、むらさき)など。明示度の高い配色とか進出色と後退色とかで考えても良いでしょう。
 バランスを強調すると言うことは動きや変化の強い構成で、しかし何とかバランスが取れているよと言うような構成のことです。安定感の強いシンメトリーや単純な繰り返し(リピート)ではつまりません。
 そのほかは全く自由です。色数も形も自由です。できるだけ変化に富んでいてしかしバランスが取れていてできるだけ目立つ、強烈な印象の配色図案を作ってください。
 なおバランスの感覚については、基本的に人間に生まれつき備わっている感覚ですから、見てみて不安定感や不快感に襲われるようなものでなければよいと思って作ってください。
File0287.jpg

【“配色練習8”の続きを読む】

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/18(水) 09:41:48|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配色練習7

例題9 色の条件=補色の配色
    構成の条件=シンメトリー
 補色と言うのは色相環で正反対の位置にある色相のことです。赤に対する補色は青緑、だいだい色に対しては緑青、黄色に対しては青紫、緑に対しては赤紫、青に対しては黄だいだい紫に対しては黄緑。以上のうちの一組の色紙を取り出してシンメトリー(左右対称)、つまり中心線(対称軸)を境にして左右の形が全く反転した同形になるように構成してください。
 補色の効果を試す意味では、出来るだけそれぞれの色の純色を多く用いた方が良いのです。それらに白や黒を混ぜた明色や暗色や濁色も使ってよいのですが、補色同士の配色のもつ独特の効果は薄れます。
 なおシンメトリーと言うことですから色彩もシンメトリーに考えて貼ってください。色紙を二つに折ってから適当にはさみで切り抜いて開けばシンメトリーの形になりますから、補色の一方の色紙を地色として貼り、その上にもう一方の色紙で上記のようにして作ったシンメトリーの形を中心軸をあわせるようにして貼れば良いのです。
 絵の具の場合はロールシャッハ図形を利用しても良いでしょう。絵の具をたっぷりつけた紙を二つ折りにして、密着させてから開けばよいので、乾いてからもう一色を同じように使えば出来上がりです。

File0284.jpg

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/13(金) 10:04:39|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配色練習6

例題8 色の条件=紫の類似色による配色
    構成の条件=平行曲線による構成
 トーナルには余り色数がありませんが、12から14、22、29、37の色紙が使えます。
 絵の具の場合は、通常の赤と青の絵の具を混ぜて出来る紫は大分鮮度が落ちますので、紫の絵の具やマゼンタ系の赤が欲しいです。マゼンタとコバルトブルーやウルトラマリンの混色なら、相当鮮やかな紫を得ることができます。もちろん、それらに黒や白を混ぜて使ってもかまいません。
 平行曲線は多重円や渦巻き型や流水文様などから自由曲線を並べたものなどいろいろと考えられます。若干平行でない部分があってもその特徴が現れていればよいことにしましょう。
 File0283.jpg

【“配色練習6”の続きを読む】

テーマ:抽象絵画のすすめ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/11(水) 09:47:56|
  2. 色彩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。